FC2ブログ

オオダイトウヒレン

オオダイトウヒレン苗葉は・・・ 蕗の葉に似ているようだ。にほんブログ村...

Read More

ダイモンジソウ

只今、準備中です。この種の草は岩場や水辺などにあり、歩き辛い処が多いのだが、この場はサンダル履きでも見られる群落である。...

Read More

ゴキヅル

刈られても刈られても 子孫を残す強靭さには驚く蔓植物である。ゴキヅルにほんブログ村...

Read More

ヒメヒゴタイ ~群生地~

ヒメヒゴタイの群生地 どんな花でも 群生する様を見るのは嬉しいもの、こんな群落もある。他の植物に負けないように 背を伸ばす姿は誇らしくも見える。花付も良く大きな株が目立ち、安定して生育しているようだ。にほんブログ村...

Read More

イヌセンブリ・センブリ

イヌセンブリ センブリその他の秋の花、にほんブログ村...

Read More

ウメバチソウ

今日は一日中、カメラの設定を間違えていて撮影した画像の殆どが最悪だった!シヤッタースピード優先で写していた事に夕方になって気付いたのだ。画像は拙いが・・・再度写しに行く予定は無いのでUPすることとした。ウメバチソウ蕊の部分を美しく写したかったが、凶。   標高の高い地域に生育するイメージだが、標高300m辺りでも生育している。にほんブログ村...

Read More

タカネハンショウズル

高嶺と名付けられているが、低地でも見られる。当地に於いては希少種であり、一地域のみに自生し繁茂している。タカネハンショウヅル キンポウゲ科 センニンソウ属和名は山地に生えるハンショウヅルの意味で この仲間で秋に咲くのは本種のみである。この谷の奥に生育する群落の確認には行かなかったが、変わりなく生育し繁茂していることであろう。にほんブログ村...

Read More

ヒメヒゴタイ

遠出が続いたので、今日は近場の植物散策を巡ってきた。秋はキク科の花が多く咲くが、なかでも一段と目を引く花だろう。 ヒメヒゴタイキク科 トウヒレン属」↓↓↓昨年の画像から、↓↓↓ヒメと名がつくが 私の目線より高い2メートルほどの草丈があり、小さくはない。 葉はこのようなもの、この場所では 十数本はあるが、周囲の草木に負けそうな生育状況であった。↓↓↓ 今日の画像から、↓↓↓他処に生育する大群落は 頂度の頃を見計ら...

Read More

オオマルバテンニンソウ

ミカエリソウの変種で中国地方の一部と四国、九州の林床に群生して見られる。別名をトサノミカエリソウ・筑紫ミカエリソウという。オオマルバテンニンソウ当地方には9月上旬頃見られるミカエリソウが生育するが その生育地は少なく、杉植林内に群生するものは人為的な影響を受ける恐れもあり、鹿の食害などでも減少している。にほんブログ村...

Read More