FC2ブログ

オオバヤドリギ

熱帯から温帯に生育する、オオバヤドリギ変わった花だな、面白いかも。小さな実をカッターで切ってみたが、食べられない毒を持つ植物だ。見上げれば 高い所に寄生し繁茂していた、にほんブログ村...

Read More

チャボツメレンゲ

陽が落ちるまで花散策をするのが わたしの常だ。今回も朝7時に家を出て 花友と二人で瀬戸大橋を渡り、第1目的地に着いたのが9時半。昼食は道の駅で買ったタケノコの押し寿司や錦糸巻きを頬張りながら第2目的地に移動。第2地点で散策を終えたのが 午後2時半頃。予定をしていた場所は終えたので、クロヤツシロランを捜しに行くも空振りに終わり道沿いで秋の花を探し乍ら帰ろうと山越えのルートへ車を走らせば嬉しい花々に出...

Read More

ヤクシマアカシュスラン

せっかく瀬戸大橋を渡ったのだから、先週は初見の花たちでタイムオーバーになり、リベンジが出来なかった小さな蘭の花にも立ち寄った。 ヤクシマアカシュスランまずは、こんな昨年の不精な画像から、昨年はピンボケ画像ばかりを写していた。今年の画像は少しはピントが合っているだろうか。この場所も竹林の中であり花は白系な故、スポットライトは使えない。ISO値とシャッタースピードを駆使して撮影せざるを得ない。ポピュラーな...

Read More

アキザキヤツシロラン

リベンジに・・・ また瀬戸大橋を渡った。つくづく花キチなんだなと思う。昨年に良い状態の頃を見逃した幻の花とも云われる希少な腐生植物、アキザキヤツシロランラン科 オニノヤガラ属葉緑素を持たず、土壌中の共生菌から栄養を得る菌従属栄養植物。開花と蕾(右上)、↑↑↑上の画像が ↓↓↓下の画像内のどこだか解かるだろうか、足元に咲く小さなこの蘭は これ程までに目立たない植物なのである。明るく写せているが暗い竹林の中...

Read More

ヒツジグサ

未の刻に咲き始めるから ヒツジグサ撮影したのは 午後5時を過ぎていた、ノタヌキモと共生している光景もある、にほんブログ村...

Read More

ノタヌキモ

ノタヌキモ一年性の浮遊する水草で、茎には補食する袋のようなものがあり 水中のボウフラやミジンコなどを捕らえて栄養としている食虫植物である。この場所は県南部にある中栄養の溜池で鏡の如くに澄んだ水面上をノタヌキモが占領している。鯉の稚魚だろうか 赤い魚がユラユラしている、 溜池が黄色く染まっていた。曇りの日や夕方には 藪蚊の猛攻撃を受けるだろう。にほんブログ村...

Read More

トサジョウロウホトトギス

幾度も土佐の花散策には行っているのだが、この花の自生地には初めて出向いた。明治20年に牧野富太郎博士が御嶽の山で発見し命名したと云われる高知県の固有種なのである。トサジョウロウホトトギス築100年以上は経つであろう古民家を横目に通り、山の中に残る自生地に行く。道案内が居なければ迷子になり、辿り着けないような場所にある。今回も兼ねてから交流のある地元の花々に詳しい方々7人の連携をもって辿り着くことが出来た...

Read More

シュスラン

2種の花が見たくなって 瀬戸大橋を渡った。シュスラン属の内でベニシュスラン、アケボノシュスラン、ミヤマウズラは当地にも自生しているので気軽に見られるのだが、この花の自生する記録はないようだ。シュスランこの苗はミヤマウズラにしては葉が大きくて違和感を感じる、恐らくガクナンであろう。これも当地には自生がないので 花を見てみたいものだ。シュスランの苗、ポツンとアケボノシュスランが咲いていた・・・にほんブ...

Read More

カシワバハグマ

カシワバハグマ余り日の差し込まない林床に咲く、葉が、柏の葉に似ている。よく見るのは 簡素な花付きのものが多いように思うが、この場所では 見事な花姿を見せていた。にほんブログ村...

Read More

ジャコウソウ

自生地2ヶ所を 巡てみた。ジャコウソウ新見市の自生地は 丁度の頃、三日後には花が落ち 見えないだろう。真庭市の自生地には いつもの年より一週間早く行ったからだろうか、開花の状況は蕾が多く早過ぎたようであった。にほんブログ村...

Read More

ヒナノカンザシ

 秋を迎えた湿地ではヒナノカンザシにほんブログ村...

Read More

マネキグサ

マネキグサ白花もある。にほんブログ村...

Read More

ミズトンボ

秋を迎えた湿地に ミズトンボ が群れている。にほんブログ村...

Read More

キセワタ・カワミドリ

キセワタ 上5枚は昨年までの風景だったが、今年も変わらず咲いている。よく似ているが これはメハジキという。そしてこれも夏に咲く カワミドリ少々終盤を迎えていたようだった。 にほんブログ村...

Read More

アオスズラン

 6月に見ていた花から、エゾスズランとも言うようだが、撮影地は蝦夷ではなく吉備である。アオスズラン昨年は6株あり、その内の一本を標本として提出している。今年は同じ場所で 5株見られた。↓↓↓↓以下は 昨年の状況である。↓↓↓↓ にほんブログ村...

Read More

オオヒナノウスツボ

オオヒナノウスツボ花が疎らに咲いて満開が何時なのか解らない 写し難い花だと思う。にほんブログ村...

Read More