FC2ブログ

アケボノシュスラン

 アケボノシュスランこの花は条件が良いと 大きな群落を形成する蘭であるのだが、同じ群落でも開花の状況には 所謂表年と裏年があるように思う。ここ数年見ている群落だが、今年の開花状況はこんなものだった。     2011’と 2013’は心震える開花を見せていた。 一つ一つの花付き良い年であった。にほんブログ村...

Read More

ヒナノシャクジョウ・ウスキキヌガサタケ

 キノコのような植物に見えるが腐生植物なので食べられない。白い金平糖を思わせる姿をしている、名をヒナノシャクジョウと言う。こちらは食べられるキノコであるが この状態の時ではない。 にほんブログ村...

Read More

コオロギラン

身の丈5㎝程の極小のランである。コオロギラン にほんブログ村...

Read More

ミヤマウズラ

深山・・・と言えど高い所では標高700m位で出会ったこともあったが、 標高200m程から生育しており、アカマツの林床に多い植物のように思う。隣り合わせて花を終えた ジガバチソウの姿もあった。にほんブログ村...

Read More

ミズモラン(ジンバイソウ)賛歌

春に葉を見ていたのでこの花ではないかと期待を胸に野の花を愛する者四人で花期を待って行ってみることにした。同行の二人はご夫婦で 何年も前から葉だけ状態は見ていたが花を確認したことが無いと言う。予想ね通り、心踊る光景が広がり、花期は上等の頃であった。別名を ジンバイソウという、山地の樹林下に生育する日本固有種である。花の開花を半ばに立ち枯れてしまうことも多いとのことだが、この群落では 見事な花を咲かせ...

Read More

アオタチカモメヅル

今頃に咲く花々も見に行くこともなく、、遠出もせず ゆっくりと過ごした4日間だけの夏休みだった。・・・故に、昨年の画像から掲載した。アオカモメヅルに似ている、アオタチカモメヅル 葉が少し広く生育地も違う。にほんブログ村...

Read More

バアソブ

別名をヒメツルニンジン(姫蔓人参)という、ツルニンジンに良く似た野草だが花の色で区別できる。バアソブ花冠の内側には 老婆の顔のそばかす(蕎麦滓)に見たてた斑点があるのが見えるだろうか。ケロ・ケロ♪ケロ♪  にほんブログ村...

Read More

ホンゴウソウ

 先日、ホンゴウソウの仲間であるウエマツソウを掲載した、学者でない私にはどちらがどちらなのか?解っていない始末だ。上手く撮影できていない暈けた画像ばかりだが 比べてみることにしよう。ホンゴウソウ と思われるもの、花をよく見てもらいたい。ウエマツソウ と思われるもの、違いが解ったかな・・・どうだろうか?にほんブログ村...

Read More

ヒメノヤガラ

  他県では見ていた腐生植物だが、今年は我が県で、花友 Tさん が偶然見つけた自生地で生育しているものを見られることができた。岡山県のLDBでは2002年に一ヶ所で6本の確認が成されていたが、この場所はそれとは違う新産地で 26本の生育を見た。他県の生育状態に比べると環境が異なる為か 著しく少なく希少種である事を実感する。ヒメノヤガラ花とは言えない植物であり 開花した状態がよく解らない・・・小石の脇からチョコ...

Read More

シロテンマ

 毎年出ているだろうかと 勇んで見に行くのだが、出ていない年もあり肩を落とす、気難しい腐生植物である。今年も同じ時期の行ってみたが 姿を見せていなかったので過去の画像を掲載してみた。初めて出会えて心が震えたシロテンマ 2009年 4本、この内の1本は標本として提出した。2012年 2本だったかな?身の丈120cmの高さに驚いた年だった。昨年 2本、環境の変化により 生育が危ぶまれる状態に成っているようだった。 に...

Read More

ヤクシマヒメアリドオシラン

舌がもつれるような長い名前だろう。ヤクシマヒメアリドオシランとの花名にあるように 熱帯性の蘭であり、中国地方には生育の記録は無い。↓この画像内の何処にあるか分かるかな?身の丈10センチ程の小さな蘭で アリドオシに似た葉をつけている。 花が小さくて イチデジでは上手くピントが合っていないな。スーパーマクロで写せるポケットカメラを持って行かなかった事を後悔した。花後の様子は こんなものだった。にほんブロ...

Read More

ナツエビネ

いつもの年であれば お盆の頃に山に分け入り ナツエビネ を見に行くのだが、今季は その時期に先駆けて他県で見る事と成った。安易に車で行け、息切れをすることもなく夏の森の妖精たちに会えたのだからこの上ない喜びであった、余程環境に合っているのであろうか 杉林の中に楽園を形成していた。色の濃い(紫)大株も見受けられ 嬉しい悲鳴を上げたのは私だけではないだろう。にほんブログ村...

Read More

シロシャクジョウ

今年こそは見ておきたいと思い、花の時期に合わせて有休をとり瀬戸大橋を渡った。苔の上の白い花との出会いは 感動の瞬間であった!シロシャクジョウ花とも言えないようなこんなに小さな植物を 休暇を取ってまで見たいと思う私は・・・大馬鹿者だろうか。心往くまで堪能し、宿に向かった。にほんブログ村...

Read More