スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Read More

シシンラン

シシンラン はイワタバコ科シシンラン属の多年草で 日本固有種である。 本州の伊豆半島及び京都府以西、四国、九州に分布し、木の幹や岩の上に着生する。  環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」 当地には自生がない着生蘭であるが、土佐の国の鎮守の森の高い樹々に咲く姿は 息を呑むほどの感動を覚える光景であった。   土佐の友人に聞いていた森だが、なかなか行く機会も無いま...

Read More

春を待つ・・・県北

まだ季節は冬だろうと思いながらも 北へ足を向ける。県の中部からあるエンレイソウは早いんだな、咲いていた。コガネネコノメソウも咲き始めた。コチャルメルも、ハシリドコロも咲き始めている。ネコノメソウの中では シロバナネコノメの次によく見るキンシベボタンネコノメソウも咲き始めた。コゴミも出ている、、、 これは写した後 山の恵と思って摘んで持ち帰った。この分ならザゼンソウが見られそうだと思い進んだ先は雪国...

Read More

ミノコバイモ賛歌

生育の西限にあたる辺りでは3月中旬から咲き始めているのだが、遅れて咲き始める 県東部の群落を巡ってみた。まず訪れたのは ひっそりと隠れた群落、大木の根元に、瓦石と落ち葉の中に紛れているミノコバイモが見えるだろうか・・・ソバカス美人の中に ひと際浮き立つ色白も稀にある、*一週前の様子は蕾であったが、この日は、鳥取から遥々この花を見たいとやって来たFBFとその友人を 花友二人と散策がてら ネットで知られて...

Read More

トウゴクサバノオ

今年は野花の開花が随分遅れているが、白花のホソバナコバイモや トウゴクサバノオの群落に足を向けた。ホソバナコバイモの白花はカタクリとの保護地にもあるが、他所の林縁でホソバナコバイモが咲くところにも稀にある。三年ほど前から見ているこの場所では、今年は10本程生えていた。岡山市の水瓶と云われるダム近くの荒れた林道を進んでいくのは パンクをしないかといつも冷や冷やさせられるが、花を見たいが為に危険を冒して...

Read More

雪の跡・・・セツブンソウを見に行く

この冬も日本列島を寒波が襲った、雪に埋もれた地域は大変であったのだろう。春の訪れを感じ始めた矢先、二月の雪が野山を覆った。雪に埋もれたセツブンソウが見たいと思い愛車を走らせた。陽に当たり溶け始めた雪を写してみた。足元の草も初々しく思える早春である、溶けた雪から姿を見せる、寒空の下、少しの日差しに春を感じた。...

Read More

立春 ~セツブンソウ~ 

暖かくなる予報なれど、凍てついた朝の立春。冬の向こうに春が訪れはじめている。二週間前に覗いた時には蕾だったセツブンソウも開花を見せていた。上4枚は一眼レフ、その他はiphone携帯カメラの画像。今どきの携帯のカメラは優れている、挟むだけの魚眼レンズやマクロレンズもあり、面白い画像を楽しむ事が出来る。マクロで撮ったセツブンソウの蕊は凍っていた。...

Read More

~ユキワリイチゲ~ 開花を確認 

ポカポカと陽の暖かな快晴になった週末、いつも陽を浴びているあの丘の花は咲いているかもしれないと思い出掛けてみる。花は小さいくパラパラとだが50以上は花が見られていた、1月後半には咲いていたのであろう。来年は・・・ ・・・ もう少し早く来てみよう。...

Read More

2017’花散策の始動!~セツブンソウ~

長い間休んでいた花散策を開始することにした。先ずは、当地には自生地の多いセツブンソウの開花状況から。昨年は開花の早かったセツブンソウも今年は例年どうりに戻ったようであった。ここは成羽・備中町の神社の自生地。地元の方々が下草を払い管理して、猪除けの電気柵を設けているので二月中旬には白く染まった光景をみる事が出来るだろう。いつも開花の早いT峡のホソバナコバイモの様子も覗いに行ってみたが、開花は少し先の...

Read More

ヒメノヤガラ

昨年出会えたヒメノヤガラだが、今年も意外に多く生育していた。やはる、菌類と共生する植物の近くにはキノコも共生しているようだな。...

Read More

ベニシュスラン・・・県外編

当地では数株を見つけるのがやっとの稀にしか生育していない植物でも 在るところにはあるもんだな!珍しい植物見たさに 春先に出掛けた県外の水際の足元に在った苗葉が気になって再度行ってみると 予想どうりの光景があった。苔の覆う30m四方の水岸に咲いているもの これから咲く蕾、数えてみると40株以上あった。苗を含めると 80株は在るであろう群落なのである。離れがたい 出会いのひと時であった。近くを散策してみ...

Read More

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。